コンプレックスの除去方法

顔に触れる女性

コンプレックスであるほくろは、美容整形外科にて除去治療を行うことが出来ます。ほくろの大きさや形によって、適切な方法は異なります。主にレーザー治療、メスを使った手術、液体窒素を使った手術方法などが取られることが多いです。

詳しく見る

結果によって方法を変える

看護師

ほくろの治療は種類によって変わってきますが、施術後の生活のことまで考えて方法を決めるようにしましょう。またほくろは再発をする危険のあるものなので、何度も再発をするようであれば手術でしっかりと取り除く必要があります。

詳しく見る

黒子を綺麗にとるために

顔に触れる女性

美容整形外科でのほくろ治療の方法は、切開法と炭酸ガスレーザーと電気メスの3種類あります。切開法は病気の検査ができるうえ保険が適用になる可能性もあります。炭酸ガスレーザーは保険が適用になりませんが、綺麗になれるメリットがあります。

詳しく見る

ある事で悩む方に

女医

コンプレックスを解消

どんな方でもあるほくろですが、場所によってはコンプレックスの原因にもなります。皮膚がん等ではない通常のほくろは特に治療する必要はないので、医療保険を使って取り除く事はできません。クリーム等でケアする方法もありますが、取り除く場合の多くは美容整形外科を活用されています。美容整形外科は見た目のコンプレックスを解消する事や、美しさを追求する機関です。整形と言うと見た目が劇的に変化する事をイメージされる方も多く、抵抗感を示す方も少なくありません。現在の整形技術は高く、より自然に取り除く事が可能になっています。ほくろがある事で前向きに生活する事に支障がある場合、その悩みを解消する事ができるとして活用されています。除去施術を行う場合、治療方法としては大きさにもよりますがレーザーや電気メスで施術します。美容整形外科での治療範囲はほくろとその周囲の皮膚も含むので、綺麗に取り除く事が美容整形の前提になっています。後遺症がない様に、その肌に合った方法を医師が提案してくれるので安心して受ける事ができます。コンプレックスは女性だけではなく男性にも当然あります。美容と言えば女性が多く受けていますが、現在は男性美容も注目されておりメンズエステや男性専門の美容整形外科クリニックもあります。男女問わずほくろのコンプレックスを解消する事ができるのが、美容整形外科です。施術の前には必ずカウンセリングが行われますので、相談しにくい費用の事もその場で伝える事で一緒に適した治療方法を見つけてくれます。ほくろはスキンケアを行ったり入浴時だったりに気付く事が多いです。子供の頃にはなかった場所に、ある日突然できていたという事も多いのですが、先天性と後天性のものがあります。先天性も後天性のものも皮膚構造上に違いはないので、ある日突然発見しても特に気にする必要はない物が大半です。ほくろは紫外線によるダメージに蓄積や、遺伝性の物であるといった意見もありますが、実際には解明されていない面が多い存在です。現在の所はシミと一緒で光老化や紫外線の説が高い評価を得ています。実際にできた際、見た目が悪くなる以外に悪性腫瘍を連想する方も多いです。黒い腫瘍である悪性黒色腫は、一見するとほくろと同じ見た目であり不安に感じる方はいますが、ほくろが悪性黒色腫になる事はありません。悪性黒色腫の初期は見分けがつかない程似ているのですが、表面が盛り上がったり急に大きくなったりする場合は注意が必要です。その場合は素人では判断できないので、皮膚科に受診して治療有無を診断してもらう事が推奨されています。ほくろは正式名称を色素性母斑と言い、細胞が集まってできた皮膚腫瘍です。黒いものだけでなく茶色や色が付いていないものもあります。腫瘍ではありますが、基本的に良性の腫瘍なので特に治療する必要はありません。できやすい場所としては顔が身体の中では一番多く、数が増える事で見た目を損なったり隆起する事で髭が剃りにくくなったりといった事もあります。除去する方法はあり、美容整形外科で治療を受ける事が可能です。まだまだ解明されていない未知な部分も多いですが、予防策として紫外線対策や皮膚への摩擦や刺激を避ける事が有効です。

Copyright© 2018 ほくろは治療で綺麗に治る【一緒に適した治療方法を見つけてくれる】 All Rights Reserved.