結果によって方法を変える|ほくろは治療で綺麗に治る【一緒に適した治療方法を見つけてくれる】

結果によって方法を変える

看護師

傷跡が残らないように

ほくろは皮膚の上にできた黒い斑点ですが、小さなものから大きなものまであります。さらに皮膚から盛り上がって膨らんだ状態になっているものもあります。膨らんでいるものはほくろの中でも治療が難しいと思われがちだという特徴があります。しかし実際には表面の部分を取り除くと、黒い部分がなくなることが多く、膨らんでいないものに比べて治療が難しいということはありません。それはメラニン色素を産生している母斑細胞が皮膚の浅い部分だけに存在していることが多いからです。皮膚の深い部分にある母斑細胞は色を持たないことが多く、それは取り除かなくてもほくろの色が残ることはありません。そのため、見た目には大きく膨らんだほくろであっても手術ではなく、炭酸ガスレーダーで必要な治療が行える場合もあります。手術をした時のほうが、皮膚の深い部分まで除去できるため、再発の可能性が低くなるといったメリットはあります。デメリットは深く削り取るために、傷跡が目立つ可能性があるということです。炭酸ガスレーダーでの治療では手術に比べて傷跡が小さいために、目立たずに早く傷が治ります。ほくろのある部位が顔など目立つ位置の場合には短期間であっても傷が目立つことで生活に支障をきたすこともあります。仕事の関係で、人前に顔を出さないといけないなどの場合には、再発のリスクは多少上がったとしても、傷跡が残りにくい炭酸ガスレーザーが適していることもあります。小さなものでも再発をしてしまったという経験がある場合や、しっかりと取り除きたいという時には手術が適しています。ほくろを取りたいと思う人は多くいますが、とりたいという思う背景には目立つ位置にあるからという場合が多いようです。例え大きく目立つものであっても、人目につかないような場所にあるものであればわざわざ手術をしてまでとろうと思わないかもしれません。目立つ位置にあるほくろは手術などをして取り除いた後に傷跡が目立たないように気をつけることも大切です。ほくろを取る時には色素が濃くなっている部分を取り除くため、穴があいたような状態になります。傷が小さければ、自然と皮膚ができてきますが、傷が大きい場合には穴のあいた傷を縫い合わせる必要があります。その場合には縫った場所が時間が経っても残ってしまう可能性があるということを覚えておきましょう。傷跡が残りにくい方法としてはQスイッチアレキサンドレーザーという方法がおすすめです。この治療法は皮膚の表面だけに作用するタイプなので、皮膚に傷が残る可能性が低くなります。デメリットは一度で完全に消すことはできないために、数カ月ごとに何度か治療を受ける必要が出てくることです。何度も通う手間はかかりますが、治療後に絆創膏を貼る必要もないので、人前に立つような仕事をしていても治療できます。ほくろの治療は皮膚科でも行えますが、こういった傷跡のことを考えると、美しく施術を仕上げることに力を入れている美容整形外科を使用したほうが良いでしょう。ただほくろを消すだけでなく、施術後の生活のことまで考えてくれるので、傷跡が残って仕事ができないという事態になることもありません。

Copyright© 2018 ほくろは治療で綺麗に治る【一緒に適した治療方法を見つけてくれる】 All Rights Reserved.