コンプレックスの除去方法

顔に触れる女性

手術方法や費用

コンプレックスであるほくろは、美容整形外科や皮膚科にて除去することが出来ます。どちらの科でも治療を行うことは出来ますが、美容整形外科では、特に術後の美しさを追求した治療を行ってくれるので、おすすめです。さて、ほくろの除去治療を行うためには、まずは美容整形外科を選び、カウンセリングを行う必要があります。現在、ほとんどの美容整形外科でほくろの除去治療を行っていますので、どの美容整形外科が良いのか迷ってしまうということもあります。より良い美容整形外科を選ぶためには、ホームページを確認するようすると良いでしょう。実際に除去を行った人の症例写真や、痛みなどの体験談、術後の経過などの口コミを見ることが出来るので、参考にするのがおすすめです。また、医師の実績やクリニックの雰囲気などもチェックすることが出来ますので、自分に合いそうなところを見つけ、カウンセリングの予約をしましょう。さて、カウンセリングでは、形や大きさ、色などを確認しどのような除去方法が最適であるかを判断します。場合によっては、ほくろではなく悪性の皮膚腫瘍である、ということもありますので、その場合は保険適用の手術を受けることになります。このようなことも十分考えられますので、しっかりチェックをしてもらうようにしましょう。カウンセリングで手術の意思が固まったら、手術日の日程などもその場で決めます。ほとんどの場合は入院する必要などはなく、一日あれば手術は終了しますので、料金を確認してその場で予約してしまうのがおすすめです。手術の日程を予約したら、いよいよ手術日本番を迎えます。手術の方法は様々ですが、特によく選択されるのが、レーザーを使ったレーザー治療です。特殊なレーザーを除去したい部分に照射することで、メラニン色素を除去しほくろを目立たなくすることが出来ます。相場は、1〜2万円程度です。ただし、ほくろの大きさが小さく、色素も薄い場合などに有効な方法ですので、イボのように突起があり、大きさもかなり大きい場合には違う方法がとられます。そのような場合、メスを使って直接切り取ってしまう方法がとられることが多いです。レーザー治療ではほとんど痛みがないため麻酔はかけませんが、直接切り取る方法では麻酔をかけて行われます。術後に多少痛みを感じることがありますが、皮膚ごと切り取ってしまうので再発の心配がなく、また手術後きちんと縫合すれば傷も目立つことはありません。相場は2〜3万円程度です。他にも、ほくろがかなり突起している場合は、液体窒素でほくろを凍らせてコロっと取ってしまう、という方法がとられることもあります。この方法は、イボの除去治療でも、よく利用されます。この方法は痛みが少なく、料金も安いというメリットがあります。このように、治療には様々な方法があります。どのような方法でも、術後、術前の注意事項をしっかり守ることでより綺麗な皮膚に近づけることが出来ますので、医師の指示にはしっかり従いましょう。術後はむやみに触らない、かゆみが出てもかかない、指示された薬などはしっかり塗る、等の対応が必要です。

Copyright© 2018 ほくろは治療で綺麗に治る【一緒に適した治療方法を見つけてくれる】 All Rights Reserved.