黒子を綺麗にとるために

顔に触れる女性

施術方法や保険について

美容外科でほくろ治療をする場合、切開してくりぬく方法以外にも電気メスや炭酸ガスレーザーを使った方法が選べます。どの方法になるかはほくろの状態次第で変わるので、治療の際は執刀医にしっかり確認しておきましょう。基本的にいぼ状に盛り上がっていたり、芯が肌の奥深くにあったりする時は普通のメスで切開して取り除くことになります。このやり方なら、根本から原因が取り除けるので再発する心配はほとんどありません。ただし切開した部分にそれなりの大きさの傷が残るので、そこを承知したうえで受ける必要があります。それ以外の小さなほくろなら、電気メスか炭酸ガスレーザーで除去することになるはずです。例えば炭酸ガスレーザーなら、レーザーマシンを使って患部を削り取ります。炭酸ガスレーザーは他にもシミや脱毛にも使われることがあり、濃い色に色素沈着した部分を除去するのが得意です。どの美容整形外科にも必ずこのマシンが一台は用意してあるので、ほぼ全国どこへ行っても施術が受けられると考えてもいいかもしれません。炭酸ガスレーザーは照射する部分に若干の痛みを伴うので、それが嫌な方は麻酔を使用するようにしましょう。また術後肌が刺激に弱くなっているので、紫外線や刺激物は避けるようにしてください。炭酸ガスレーザーで対処できない時は、電気メスを使用することになります。電気メスは炭酸ガスレーザーと似ていますが、そちらよりも繊細な作業が可能です。炭酸ガスレーザーも電気メスも、手術が短時間ですむうえ傷跡も小さくてすみます。ゆえに見た目を気にする方は、極力この方法でほくろ治療しましょう。ほとんどのほくろは良性ですが、まれにメラゾーマのような悪性の腫瘍が紛れていないとは限りません。ほくろの治療をする時は、この悪性腫瘍の可能性も考えながら除去方法を選択しましょう。切開法はその点患部を大きくくりぬくため、取り除いた組織をそのまま病理組織検査に出すこともできます。病理組織検査は任意で受けるものですが、悪性腫瘍の可能性も否定できない場合は念のため受けておくべきです。病理組織検査は美容皮膚科や他の診療科目も併設している美容整形外科の方が積極的に受け付けています。したがって、検査込みの整形はそちらを利用するようにしましょう。切開法による手術は、検査以外にも保険診療になるメリットもあります。保険診療になる条件は病院によって違いますが、病気の可能性がある時や出血や化膿の症状がみられる状態、それにメスを使用したケースが該当するようです。保険診療が適用になれば、当然負担額が少なくなるのでほくろ治療に必要な費用もその分かなり安くなります。少しでも施術するための費用を浮かせたい時は、こちらの方法を選択するようにしましょう。一方炭酸ガスレーザーは、保険診療が適用されることはほぼありません。やはり炭酸ガスの治療は美容目的という意味合いが強いため、保険診療の対象から除外されるのでしょう。保険が適用されるかどうかは、運の要素が大きいのであまり期待すべきではありません。そんなことよりもせっかくほくろ治療をするのですから、綺麗に治療することを何より優先するようにしましょう。美容整形外科なら、その希望が叶えられる施設としておすすめです。

Copyright© 2018 ほくろは治療で綺麗に治る【一緒に適した治療方法を見つけてくれる】 All Rights Reserved.